保湿スキンケアに良いマスクの選び方と使用の注意点

シートマスクや保湿スキンケアで使いたいと思うマスクの選び方はあるのでしょうか?
特に保湿スキンケアに特化しているシートマスクとはどんなマスクになるのでしょう?

 

保湿成分がたっぷりなマスク

 

カサつきがちな肌を保湿スキンケアしたいというのであれば、保湿成分がよりたっぷり入っているシートマスクがベストです。
大容量入っているマスクも、チープだから保湿力がないとはいえません。

 

最近のシートマスクはとても高性能で、低価格ながらも保湿成分がたっぷり、という大容量のマスクがあります。
ヒアルロン酸、コラーゲンなどの成分がラベルの最初のほうにきているものを選びましょう。
成分表示のラベルの最初から、含まれている成分が多い順番に並んでいます。
ビタミンC誘導体や美白効果など相乗効果の見込めるものもよいでしょう。

 

保湿スキンケアをするのであれば、保湿成分がたっぷりはいっているのがマストです。
毎日でも使いたいというのであれば、大容量のものを購入し、スペシャルDAYとして使うためにはワンパックのものを選んでおくと良いですね。

 

使い方について

 

保湿スキンケアを目指す上でシートマスクは非常に効果が期待できます。
カサつく肌の人は、そこそこの値段でも良いので、毎日でも続けたいものです。

 

そんなシートマスクですが、正しい使い方を知っているでしょうか?
シートマスクをぴったりフェイスに貼ったら、そのまま放置しますが、この放置時間を勘違いしている人が絶対的に多いのです。
シートマスクが乾燥するまで貼っている人がいますが、実はこれはNGです。
最高10分もたつと有効成分は浸み込んでいきますから、マスクが濡れていても終わりにしましょう。
残った美容液は首元やデコルテ、腕などに使うとコスパも良いです。

 

また、シートマスクをお手入れの最後にしている、という人も多いのですが、実はこれはNGです。
シートマスクは実は美容液成分が入っているので、お風呂上り一番先にしたいものです。
シートマスクをしている間に着替えて、着替え終わったらシートマスクを外して、普段のスキンケアを進める、という方法がよいでしょう。