30代乾燥肌には、こんな化粧水

30代になると多くの女性が、20代の時には感じる事がなかった肌の変化を感じるようになります。
今までのスキンケアの仕方や、元々の肌質なども多少は関係してきますが、30代に差し掛かる頃から、肌が乾燥しやすくなります。
あまり考えたくは無い事ですが、これも老化現象の始まりなので、スキンケアを見直す時期と考えましょう。

 

30代は年齢だけでなく、多くの女性が結婚や出産など、環境の変化に影響されやすい時期とも言えます。
このためストレスなども加わり、肌の乾燥を促進させてしまうのです。
どのような変化を実感するかは個人差もありますが、例えばメイクを落とさずに寝てしまった場合、翌日の肌へのダメージが大きくなります。

 

20代では1日くらいメイクを落とさずに寝てしまっても、すぐに取り戻せたはずなのに、30代になるとダメージを回復するにも時間がかかるようになります。
乾燥が進めば肌荒れを起こしたり、肌のキメが乱れて毛穴が目立ってしまったりと、目に見える変化も感じるようになります。

 

化粧品は年齢に合わせて変えていく事が大切なので、30代になり肌の変化を感じたら、化粧品を変えてみましょう。
30代に必要なのは今までよりも丁寧な保湿です。
ただし今までの化粧品が肌質に合っていたので、化粧品を変えると肌荒れを起こさないか心配だという人もいると思います。
化粧品のメーカーは同じでも、年齢に合わせたシリーズがありますので、そういうものを選ぶのもポイントです。

30代ヒリヒリ敏感肌には、こんな化粧水

今までとは違う化粧水を使った時に、肌がヒリヒリするような刺激を感じる事があります。
この原因もいくつか考えられますが、使い続けることで肌が慣れ刺激も感じないようになるなら問題ありません。
おそらく今までに含まれていなかった成分に、肌がびっくりしていただけかもしれません。

 

しかし何度使ってもヒリヒリ感は変わらず、顔が赤く炎症を起こしたようになってしまうなら、
化粧水が肌に合っていない可能性がありますから
使用を中止したほうがいいかもしれません。

 

例えば普通肌の人は問題なく使える化粧水でも、敏感肌の人は肌のバリア機能が低いので、
少量の添加物でも強い刺激を感じたり、肌にダメージを与えたりする事があります。
30代になると、20代よりも肌の乾燥が進み、バリア機能も徐々に低下。
20代から30代になったら、化粧品の見直しをする時期でもあります。
この時肌に合わない化粧水を使ってしまうと、ヒリヒリと強い刺激を感じる事もあります。
初めて使う化粧水はいきなり顔につけずに、パッチテストを先に済ませておきましょう。

 

敏感肌の人は無添加化粧品を選ぶ事も大切ですが、無添加化粧品にもいろいろな種類があります。
中には刺激を感じる成分が含まれている場合も。

 

パッチテストは腕の内側の柔らかい部分で行います。
化粧水をつけてしばらく放置します。
それでもヒリヒリせず問題ないようなら、少しずつ顔に付けて様子を見てみましょう。

30代カサカサ乾燥肌のスキンケア

30代になると今まで感じなかったような乾燥を感じる事があります。
例えば洗顔後のスキンケア。
ケアをした直後は問題無いのに、時間が経過すると肌が乾燥しているとか、
潤いが足りていないと感じる事が増えていきます。

 

これは年齢により肌質が変化している証拠。化粧品を見直す時期に来ているのかもしれません。
元々の肌質にもよりますが、乾燥肌の人は乾燥が悪化します。特に注意しましょう。
今までと同じケアでは確実に潤い不足となり、さらに乾燥が進んでしまいますよ。
乾燥は肌を老化させる原因のひとつ。スキンケアには潤いをプラスしましょう。

 

化粧品を選ぶ場合

30代の肌に合う物を選んでください。
スキンケア用品にもシリーズ毎に対象年齢というのがあります。
パッケージに30代のケアなど、わかりやすく書いてある物もありますが、
対象年齢がわかりにくい場合は、起用されているイメージキャラクターの年齢を参考に。
自分と同年代ならOKです。若すぎても年上過ぎても適切なケアができません。

 

30代のうちから40代や50代用の少し贅沢な化粧品を使えば、
贅沢なスキンケアができるように思えますが、
肌が必要としている成分は年齢による違いも大きいので、あまり効果は期待できないでしょう。
30代の乾燥肌用のスキンケアシリーズを選んでください。

 

使う時はできるだけライン使いをしましょう。
シリーズでライン使いをしたほうが、相乗効果も高まるのでより効果を実感しやすくなります。