50代乾燥肌には、こんな基礎化粧品化粧水

50代になる頃には、20代の時と比べて肌の水分量は半分以下になってしまうと言われています。40代よりもさらに乾燥が進むので、50代になったら年齢に合わせて基礎化粧品の見直しが必要になります。

 

 

たった10歳と考えがちですが、40代と50代では肌質も見た目に違いがわかるほどです。人よりもスキンケアには気を使っている人でも、50代になると見た目にも衰えが目立ってきます。

 

基礎化粧品は年齢に合わせて見直すことが大切。10年毎に基礎化粧品を見直し、自分の肌には何が必要なのかも知っておきましょう。

 

普通肌だったという人も、50代になると乾燥肌になっていることがあります。化粧水も肌質に合わせて選びますが、思い込みで選んでしまうと潤い不足になる可能性も。必ず肌に合った化粧水を選びましょう。自分ではわからない場合は、サンプルをもらい使い分けてみるか、売り場の美容部員に聞いてみるのもいい方法です。

 

メーカーによっては無料で肌質チェックをしてくれる場合もあります。自分の肌質や肌の状態、肌が何を求めているのかを知るいいチャンスです。多いに利用しましょう。

 

50代ではターンオーバーも乱れがちなので、シワも目立ち始めます。50代になったら40代よりもより濃密でコクのある、リッチな化粧水を使ってください。

 

コラーゲンやヒアルロン酸も肌の潤いを維持するのに欠かせません。より贅沢なプラセンタ、EGF、フラーレンなどアンチエイジング効果の高い美容成分を選ぶのもおすすめです。保湿以外にもシワ対策に効果的な成分を選びましょう。

50代ヒリヒリ敏感肌には、こんな基礎化粧品化粧水

若い頃は肌に自信を持っていた人でも、50代になると乾燥が進み見た目にも衰えているのを実感するようになります。元々の肌質やそれまでのスキンケアも関係してきますが、敏感肌の人は肌のバリア機能が弱く乾燥しやすいので、50代のスキンケアにも注意が必要です。

 

 

肌が乾燥している時は、肌のキメも乱れた状態になるので、バリア機能も低下しています。いつも使っている化粧水でもヒリヒリと感じることもあります。無添加化粧品を使っているのに、ヒリヒリ感じる場合はもう一度、配合されている成分をよく見直してみましょう。もしかしたら刺激になる成分が含まれている可能性も。

 

敏感肌用の化粧品は低刺激に作られていますが、中には少量の添加物を使うことがあります。超敏感肌の人は、少量でも敏感に反応してしまうもの。化粧水を見直したほうがいいかもしれません。

 

この場合は100%無添加、完全無添加化粧品という種類を選びましょう。完全無添加化粧品なら50代の敏感肌の人も安心して使えますが、ここで心配なのが50代の肌が求める潤いが補えるかということ。

 

今は基礎化粧品の種類も増えています。ただ選び方を間違うと年齢を重ねるほど肌の乾燥が進み、敏感肌になる人もけっこういるようです。今50代の方に人気といえばファンケルのビューティブーケとかがあります。ビューティブーケには980円のお試しもありますので、気軽に試せますよ。

 

50代向けのアンチエイジング化粧品にも、100%無添加のシリーズはあり、年齢肌に必要とされる、贅沢な美容成分も配合されていますので、無添加化粧品でも肌が求める成分を補えます。お手入れの時も時間をかけ丁寧にケアすれば、より効果を実感しやすくなるはずです。

50代カサカサ乾燥肌のスキンケア

50代の乾燥肌は、かなり深刻な状態と言ってもいいかもしれません。20代の頃は肌が丈夫だったという人も、年齢を重ねるにつれて肌の水分は失われていきます。50代になった時の水分量は、20代の半分以下に。

 

50代の乾燥肌には、贅沢で濃密なコクのあるスキンケアが必要です。見た目にもカサカサとしているのを感じる場合は、肌の水分量も相当下がっていると予測できます。この場合は化粧水の種類も大切ですが、付け方にもポイントがあります。

 

 

まず、化粧品は自分の年齢に合ったものを選ぶこと。50代の肌には、潤いと水分を与えるだけでは少し物足りなく感じます。水分補給と潤い補給をした後は、それを逃がさないように肌にベールをかけてあげましょう。

 

面倒でもスキンケアの仕上げにはクリームを使い、肌の潤いを逃がさないようにします。潤いや水分を与えたらそれで終わりではありません。補給した美容成分が肌の中で、コラーゲンやヒアルロン酸の生成をサポートする成分も必要です。

 

コラーゲンは体の中にも存在しますが、50代になると常に不足状態。体内でコラーゲンの生成をサポートして増やすなど、工夫も大切です。この場合は相性のいいビタミンCや、丈夫な肌を作るビタミンA、ビタミンEもプラスします。

 

 

付け方も手で簡単に済ますのではなく、コットンパックをして、一つ一つのアイテムを時間をかけて肌に浸透させるイメージで使うのがおすすめです。